予備校に通って大学に合格しました

無事に志望大学に合格

学校もプライベートも充実している一方で、勉強を全くしていなかったこともあり、入学当時は上位だった成績が、下から数えるほうが早い状態になってしまいました。
進学校だったので定期的に全国模試を導入しているため、自分の成績順位がはっきり出てしまいます。
大学には行きたいと感じていたので、希望する大学名と学部を記載してみたところ、判定結果がDやEになってしまいました。
合格率が20〜30パーセントという結果になってしまい、担任教師や両親からももっと勉強しないと浪人することになるといわれてびっくりしました。
一緒にアルバイトをしている友人は効率よく、仕事と勉強を両立していて、自分よりもかなり良い成績をとっていたので悔しい気持ちになりました。
しかし器用な友人と違って、一度に2つのことをすることができないことがわかったので、思い切ってアルバイトをやめて予備校に通うことにしました。
学校が終わった後に予備校に通うことになりますが、予備校の自習室には浪人生と思しき人が沢山いて、みんなが一生懸命に机に向かって勉強をしているので大きな刺激になりました。
今まで勉強を適当にしていたことを反省し、それからは一生懸命に勉強をするようになりました。
予備校の中には、3年以上浪人しているだろうと感じる人もいましたが、みんなが合格に向かって進んでいることを知ると、自分ももっと頑張らなければならないと感じました。
気持ちを切り替えたことで、以前は嫌々していた勉強に真摯に取り組めるようになりました。
それからは成績が少しずつ上向きになり、無事に志望大学に合格することができました。

進学校の高校に入学するために猛勉強無事に志望大学に合格

予備校 合格実績 / クリエイト予備校